ゴールドカードのメリット・デメリット

ショッピングやレジャーなど様々な範囲で利用出来るクレジットカードですがカードのステータスの違いによって利用制度額が変わっていきます。

普通のクレジットカードだと利用制度額は最高で50万円までですがゴールドカードとなると利用制度額は最高200万円から300万円が目安となってますので車の購入も出来てしまうのです。

車だけじゃなく通常のクレジットカードで購入出来ないものまで購入出来てしまう最上級のステータスなカードですから利用する範囲が広まり充実したライフスタイルを送る事が出来るでしょう。

そんな最上級のステータスなカードですからゴールドカード発行するには厳正な審査が行われる事になりますが審査を通過した際は社会的地位があるとみなされた事になるでしょう。

厳正な審査の元でカードを発行して様々な利用をする毎にポイントが溜まり優待サービスの充実してる上に持っているだけで社会的地位の証拠として信用性も高まる事になるでしょう。

年会費は通常のカードよりは高いだけあるので利用制度額が通常のカードより高いのが特徴になります。

ゴールドカードってどんなカード?

ゴールドカードと聞くと私たち一般人には敷居がちょっと高く感じますよね。
そもそもゴールドカードってよく耳にしますが実際はどんなカードなんでしょうか?

そんなゴールドカードですが一般的なカードより少しグレードをあげて、年会費を払い使える金額を少しあげたものを指すんですね。

そして、種類によっては年齢制限があったり収入額がある一定の金額をいっていないと審査が通らなくなったりします。

やはり、一般的なカードと比べるとグレードが上がるので審査も厳しくなるんですね。

けれど、そのカードを使い買い物等をするとポイント等がたまりそのポイントで買い物が出来たり、カードの種類によっては飛行機に乗れたりと様々なメリットがあるんですね。

ただ、カードを持つと買い物がスムーズになり思わず買いすぎてしまう傾向があると思います。

ですから、それを防ぐためにはしっかり管理をしたいものですよね。
カード自身は便利に使えばそんなに嫌煙する物ではありませんしね。

ただ、一般的なキャッシュカードに比べると少しだけ融通がきくように出来ているんですね。

そんなカード私も人生の中で一回は持ってみたいものです。

↑PAGETOP